【塩麹レシピ】手羽元のサムゲタン風スープ

汁もの・スープ

夏は暑いから、冷たい食事をしがち。クーラーの効いてる部屋にずっといたり、窓開けてお腹出して寝ていると(私のこと;;)体は冷えて血流が悪くなるばかり…

ゆり
ゆり

私もYasuも夏バテして胃腸の機能が低下、お腹ピーピーの刑…

そんな状態が続くのはストレスなので、夏だけど血流を良くする為の温活をしているのであります。その1つが食事。なるべく栄養摂取効率を考えて生野菜もとりつつ、冷たいものばかりにならないよう気をつけています。(寝る時はTシャツをズボンにインし始めた。笑)

温活にもってこいな食べ物といえば、韓国料理のサムゲタン!参鶏湯!!
実家でも母が良く作ってくれていました。韓国で食べた本場の味も忘れられない。大好き!

けど、参鶏湯って丸鶏1羽の腹の中に色んなもの詰め込むという、鶏視点からしたら相当な作業をされているわけです。そんな作業は面倒くさいので、私は手羽元で勘弁してもらいます。高麗人参もないので、“風”です。けど、とても美味なので皆様に作って食べてほしい1品!

材料(2〜3人分)

  • 鶏手羽元  5、6本(骨付きの方が良いおダシが出るのです◎)
  • 長ネギ  1本  
  • 大根  1/4本くらい  
  • 塩麹  大さじ1(鶏の下味用。塩麹が激推しですが、なければ塩でも。)
  • 生姜  1片
  • にんにく  1片
  • クコの実  大さじ1(なくても◎カルディで売ってるよ!薬膳的にも温める食材◎)
  • もち麦 or もち米  大さじ2〜3(もち麦推し◎なければ押し麦とか雑穀とか、まぁ普通の米でもいけると思う。笑)
  • 塩こしょう  適量(最後の味付けで足りなければ)

普通の参鶏湯は大根入ってないけど、胃腸を整えたい方にはおすすめ野菜です!

我が家で食べているもち麦はここのがとっても美味しいのでオススメ◎900g5kg、リンク貼ります◎

作り方

1.手羽元を水洗いし、キッチンペーパーで水気を拭く。骨に沿って切り込みを入れる。(面倒な時はフォークでグサグサする)

2.ジップロック的な袋に手羽元と塩麹を入れ、よく揉み込む。冷蔵庫で1時間〜1晩置く。(一夜を過ごした方が塩麹が浸透して旨味は増します◎)

3.長ネギは5cm程度のぶつ切り(青いところも)、大根はイチョウ切り、生姜は皮ごと薄切り、にんにくは半分に切る。

4.鍋に塩麹漬けした手羽元と、3の食材、クコの実、もち麦を入れる。水をひたひたになるくらいまで入れ、蓋を少しずらして中火にかける。

5.沸いてきたら、アクを取る。(取らなくてもOK。鶏のアクは悪くないらしい。)

6.再び蓋を少しずらしたまま、弱火で約30分コトコト煮込む。完成!
食べる時に足りなければ、塩こしょうで味付けする。

キムチも添えると最高◎

鶏ダシと塩麹で優しい味わいだけど、生姜とにんにくのアクセントが効いて食欲のすすむスープです!夏バテで元気が出ない時に飲むと良いです!血行促進と手羽元のコラーゲンのお陰でお肌も潤う美容スープとも言えますね♪良いことばっかりスープに名前を変えようか。笑

リアルフードポイント💡

  • サムゲタンは温活にも整腸にも良いスープ!
  • 塩麹はお肉の旨味を引き出す優秀発酵食品
  • もち麦を加えることで食物繊維量UP

食物繊維摂取量㌘

食物繊維トリ隊
食物繊維トリ隊

食物繊維量は全体で約7.2g、1食分約2g!

今回雑穀ごはん(約2.5g)とキムチ(約0.5g)を足しているので、全部で約5g摂取できました◎

我らの食事は腸の活動を促す食物繊維を多く摂取する食事を心がけています。

厚生労働省によると、1日の食物繊維摂取量は24gが理想、日本の成人男性は21g、女性は18g以上を目標としています。

食物繊維量の計算はこちらのサイトを参考にしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました